神奈川県横浜市、川崎市や東京都でマンションや一戸建住宅、土地等の住宅ローンの滞納・遅延等による任意売却について!債務整理と不動産売却に関する初回無料の相談を実施中!共有名義の解消や離婚に伴う住宅ローンの問題まで相談を実施中!
横浜不動産売買相談センターでは、神奈川県内・横浜市・川崎市・東京都内等での不動産の売買や売買仲介に関する売却相談や購入相談に応じています!売却時の無料査定から売出、案内、契約や引渡しに関することはご相談下さい!また購入時の物件探しから購入相談住宅ローン相談の他、購入物件の建築士による第三者建物検査を仲介業務と合わせて行っています!仲介業務を一緒にご依頼頂くと建物調査は無料で行っています!土地、借地権や底地等の権利関係の調整や整理、マンション、一戸建住宅、住宅ローン滞納や支払困難、債務整理を伴う不動産の任意売却など不動産売買に関する相談を受付中です!フリーダイアルかメールにて面談のご予約をして下さい!
不動産売却相談/任意売却相談 相談のご予約は0120-375-530


HOME

資産・地主
コンサルティング
不動産
売却相談
不動産
購入相談
住宅ローン
ライフプラン相談
設計・家づくり
建物調査・修繕
リフォーム相談
プラン・施工
相続相談
分割・遺言

カウンター

 ◆ お約束 ◆
 当方から強引な売り込みや営業等をすることはありません。
 安心してご相談下さい。
 
◆相談料について◆

初回面談による不動産相談は無料です!
2回目以降の相談は1回5,000円です!ご利用下さい!
 お問合せはこちら

ローン滞納時の任意売却相談

住宅ローン滞納時の任意売却
任意売却のメリット・デメリット
なぜ任意売却なのか?
任意売却前にできること!

債務整理の法的手続き

競売について!
任意売却と破産・個人再生手続き

 滞納しない住宅ローンを考える 

なぜ?住宅ローン滞納・遅延
住宅ローン滞納!まずすること!

シェア

有料出張相談を始めました!

 横浜不動産相談センターでは、神奈川県横浜市を中心に、川崎市、鎌倉市、藤沢市、横須賀市、平塚市や茅ヶ崎市、相模原市、厚木市、座間市等の神奈川県全域と東京都内等にお住まいの皆様に対し、有料出張相談を開始しました。

 神奈川県全域に出張相談開始


料金は1回10,000円です。相談時間は2時間を予定しています。(移動時間は含みません。)

 お問合せはこちら

業務についてのご案内 
相談サービスについて
不動産の問題を相談したい
不動産売却を相談したい
不動産購入について相談したい

専門的な相談について

土地活用について相談したい
賃貸/借地問題について相談
相続のトラブル前に相談したい
各種リフォームについて相談
建物の設計・間取プランで相談
料金について
相談やその他の料金について
相談センターのご案内
不動産コンサルタントの紹介
コンサルティングポリシー
運営会社概要  
横浜不動産相談センター
運営会社までの案内図
リンク集
個人情報取扱について
お問合せはこちらから
ご相談予約はこちらから 

住宅ローンの滞納・遅延・支払困難で任意売却!でもその後の債務はどうします?弁護士が初回無料相談!破産手続きや個人再生に関する無料相談を実施中!


自宅不動産は任意売却した・・・でもまだローンが・・・ 

任意売却したのに・・・自宅不動産を手放したのに・・・
まだ借金が残っている・・・?どうしよう?
自宅の価値、価格を調べておきましょう
こんなケースが実際にあります。
任意売却が先か?
法的手続きが先か?

どちらにせよカタをつけなくてはいけない問題があるのです!

任意売却と法的債務整理の順番は、本人の借入れ状況・住宅ローンの残債額と売却不動産の査定額、そして、現在の収入や仕事の状況等勘案して、弁護士等と一体となって処理・対応していかないと、きちんとした結果が得られない時があります。

例えば、任意売却と称して不動産業者に勧められるままに売却したけど、その後のことは何もしてくれないケース!

任意売却したけど、住むところやその費用の捻出にも四苦八苦するケース!
債務整理と称して売却と手数料収入ばかり気にして、依頼者本人の状況や生活改善は後回しにされるケース!

実際に私が見てきたケースです!弱っているところに漬け込むのが任意売却ではありません!弱っている人の生活をリスタートさせるのが任意売却です!
ここでは、法的債務整理の概要を見ていきましょう!







  住宅ローン滞納時など、債務整理の法的手続き

多額の借金を抱えてしまい、返済が困難になった場合、債務を整理する方法として主に3種類あります。

もちろん住宅ローンの滞納・遅延による債務整理もこれらの方法を検討する必要があります。
任意売却の前にご相談下さい
それは…
任意整理
破産
個人再生です。





  任意整理

任意整理とは、裁判所を使わないで、弁護士が個々の債権者と交渉して分割払いの合意をとりつける方法です。

現在では、債務整理手続き件数の増加に伴い、金融機関がこのような処理に応じてくれることはほとんどないと思います。
金融機関も自宅不動産売却後の残債務を免除する、あるいは放棄するためには、法律的な理由が必要だからです。
その理由は、次の法的手続きの2つがメインです!



  債務整理の法的手続き : 破産

破産とは、長期の分割返済すら無理な場合に、裁判所に申し立てを行って、債務の支払の免除を求める手続です。

破産しただけでは債務の支払を免れるわけではなく、裁判所に免責決定を出してもらって初めて債務を支払う責任を免除されます。
任意売却ご相談受付中
これを免責といいます。

マンションの住宅ローンを滞納し、他の債務も支払うことができないケースで、破産手続をとると、マンションはいずれ所有者の手を離れることになります。

破産者に不動産があるケースでは破産手続において破産管財人が選任されることが多く、破産手続の中で破産管財人がマンションを任意売却して売却額の一定割合を財団(債権者に対する配当原資)に組み込みます。

あるいは、債権者から住宅ローンの滞納を理由に競売手続を申し立てられてしまいますと、破産手続とは別に競売手続の中でマンションの換価が進むこともあり得ます。

破産管財人を選任するかどうかは裁判所が決めます。破産管財人を選任することが必要であると裁判所が判断した場合には、破産を申し立てる人は裁判所に予納金を20万円納めなくてはいけません。

 もしマンションのような財産がなく他に配当に当てられるような資産もなければ、他に問題がない場合には、破産管財人は選任されず同時廃止手続というもっと簡便な手続で行われることになります。

この場合は数万円で破産手続を行うことができます。(ただし弁護士費用を除きます)

 したがって、住宅ローンを組んだ住宅購入者が破産するときには、破産の申立てを行う前に不動産を任意売却してしまい、財産が無い状態で破産手続を行えば、破産管財人が選任される場合に必要となるかもしれない予納金20万円を納めなくてよくなる可能性もあります。

     任意売却と破産手続き

ほかにも任意売却の際には競売手続には期待できない、いわゆる引っ越し代がもらえるかもしれません。

ただし、任意売却をすれば当然のことですが、決済までに住宅を明け渡さなくてはいけません。後の住宅の手当てをしておくことも必要です。

 このあたり、メリット・デメリットを慎重に考慮して、具体的な方法を検討していくことになります。


  個人再生手続と任意売却

個人再生手続をとると、破産とは違って、債権者に返していくことになります。
 ただし、返済しなければいけない額は、すべての場合に一律というわけではないのですが、債務総額の5分の1以下になる可能性があります。

それを原則3年間の分割払いで返済していきます。

裁判所を使う手続でだいぶ手間はかかりますが、うまくいくとずいぶんと楽になります。 住宅ローンがある場合には、住宅資金特別条項付きの個人再生手続と呼ばれる手続を使用することが考えられます。

 この手続が通ると、住宅ローンは基本的には従前の約定どおりに支払を続けなくてはいけないのですが、住宅ローン以外の債務については先ほど述べたような大幅な減額と長期の分割払いが認められます。

任意売却と債務整理





 この手続によって保護される住宅はあくまで居住用のものですので、そのほかに投資用のマンションがあるというようなケースでは、マンションに関して住宅資金特別条項を付けることはできません。

 居住用不動産と投資用不動産があっていずれもかなりのローンが残っている場合に居住用不動産を確保するためには、まず投資用不動産を任意売却してマイナスを確定したうえで、個人再生手続を行うことが考えられます。

 ただし、個人再生手続は住宅ローン以外の債務総額が5000万円以下でなければ使うことができません。任意売却する際に、いくらローンが残りそうか慎重に検討する必要があります。


シェア  このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの方に広めてください! 
相続相談とお問合せはこちらから

  売買・賃貸の物件情報


 最新情報を配信中!


ご相談場所のご案内



大きな地図で見る
QRコード
横浜不動産相談センターの案内図を携帯電話で表示できます!
 迷わずお越し頂けます!

通信費・パケット代は本人負担になります


ご相談場所のご案内

横浜不動産相談センターの入っているビル
JR京浜東北・根岸線 横浜市営地下鉄
「関内」駅下車徒歩5分

みなとみらい線 
「日本大通り」駅下車徒歩5分
相続相談とお問合せはこちらから

ご相談場所のご案内

相談室はこちら

〒231-0012
横浜市中区相生町1−3
モアグランド関内ビル5階

横浜不動産相談センター
有限会社トラストシップ

お急ぎの方は…
TEL :045-650-2103
FAX :045-650-2104
E-MAIL:info@trustship.co.jp
(メールソフトが起動します) 
相続相談とお問合せはこちらから

相談を実施する専門家(一部)

不動産コンサルタント 佃 泰人 有限会社トラストシップ 横浜不動産相談センター主宰

不動産コンサルタント

横浜不動産相談センター主宰者

一級建築士 宮田 義弘  ワイエムデザイン建築士事務所

一級建築士

ワイエム・デザイン建築士事務所


相談事例を紹介中!
  不動産の相談事例を公開中!!
  ■住宅ローン相談
■任意売却
■賃貸借の相談
■相続対策や相続相談
■不動産取引の問題

身近なトラブル、心配や問題で悩んでいるのは、あなただけではありません。

Google
 
  
    WWW を検索
    横浜不動産相談センター内検索



 


一度ご相談にお越しいただければ分かります。 
  是非、あなた自身で感じてください。


任意売却に関する初回面談による相談は無料です!ご利用下さい!


お問合せはこちらから



売却から購入まで 横浜不動産売買相談センター 神奈川県横浜市中区相生町1−3 モアグランド関内ビル5階 交通はJR京浜東北線関内駅下車 横浜市営地下鉄関内駅下車 みなとみらい線日本大通り駅下車 徒歩5分

  


運営会社:有限会社 トラストシップ
TEL 045-650-2103
FAX 045-650-2104


HOME

資産・地主
コンサルティング
不動産
売却相談
不動産
購入相談
住宅ローン
ライフプラン相談
設計・家づくり
建物調査・修繕
リフォーム相談
プラン・施工
相続相談
分割・遺言
 Copyright(c) 2009 TRUST SHIP. All rights reserved