神奈川県、横浜市、川崎市、東京都内で不動産購入!中古・新築のマンション・一戸建住宅と土地等の不動産購入や物件選びの注意点とポイント、不動産売買取引の相談を実施中です!

横浜不動産相談センターでは、神奈川県内・横浜市・川崎市・東京都内等での土地・中古一戸建住宅や建売住宅、中古マンション・新築マンションの物件選びや購入時の注意点やポイントを紹介しています。マイホーム購入、不動産の売買や売買仲介、物件探しや物件選び等の購入相談を実施中!また購入時の相談住宅ローン相談の他、購入物件の建築士による第三者建物検査を仲介業務と合わせて行っています!仲介業務を一緒にご依頼頂くと建物調査は無料で行っています!マンション、一戸建住宅、住宅ローン滞納や支払困難、債務整理を伴う不動産の任意売却など不動産売買に関する相談を受付中です!フリーダイアルかメールにて面談のご予約をして下さい!
横浜不動産相談センターの不動産・マイホーム購入相談


HOME

資産・地主
コンサルティング
不動産
売却相談
不動産
購入相談
住宅ローン
ライフプラン相談
設計・家づくり
建物調査・修繕
リフォーム相談
プラン・施工
相続相談
分割・遺言

カウンター

 ◆ お約束 ◆
 当方から強引な売り込みや営業等をすることはありません。
 安心してご相談下さい。
 
◆相談料について◆

初回面談による不動産相談は無料です!
2回目以降の相談は1回5,000円です!ご利用下さい!
 お問合せはこちら

不動産を買う時の心配!

不動産購入!買う前に・・・!
知っておこう!購入時の経過! 
購入時の諸費用って!?
折込チラシに載っているのは?
インターネット広告に注意! 
自分のための不動産業者選び?

 土地購入のポイント 

土地選びは道路が大事 !?
境界は譲れない?
土地の中が見えますか?
周辺環境は変えられない !?

 一戸建購入のポイント

中古戸建を買う時はここを… 
建売住宅を買う時はここを…
建築条件付と言う甘い誘い?
家で失敗したくなければ… 

マンション購入時のポイント 

新築!モデルルームで・・・
中古マンションの魅力は・・・
マンションの管理はどこを見る?
購入時に一緒にリフォーム! 


シェア


有料出張相談を始めました!

 横浜不動産相談センターでは、神奈川県横浜市を中心に、川崎市、鎌倉市、藤沢市、横須賀市、平塚市や茅ヶ崎市、相模原市、厚木市、座間市等の神奈川県全域と東京都内等にお住まいの皆様に対し、有料出張相談を開始しました。

 


料金は1回10,000円です。相談時間は2時間を予定しています。(移動時間は含みません。)

 お問合せはこちら

業務についてのご案内 
相談サービスについて
不動産の問題を相談したい
不動産売却を相談したい
不動産購入について相談したい

専門的な相談について

土地活用について相談したい
賃貸/借地問題について相談
相続のトラブル前に相談したい
各種リフォームについて相談
建物の設計・間取プランで相談
料金について
相談やその他の料金について
相談センターのご案内
不動産コンサルタントの紹介
コンサルティングポリシー
運営会社概要  
横浜不動産相談センター
運営会社までの案内図
リンク集
個人情報取扱について
お問合せはこちらから
ご相談予約はこちらから 

土地等の物件選びの注意点とポイント!不動産購入の基礎知識から注意点やポイントを解説!マイホーム購入に欠かせない土地探しから土地選びのポイント!土地購入のポイント!道路と敷地の関係を考えてみよう!

土地購入相談! 土地選びの注意点とポイント!

不動産購入、特にマイホーム建築のために欠かせない土地選び。
「その土地に何を、どの位、建てられるか?」がポイントになってきます。

土地選びは道路が大事!
そのための判断材料の一つになるのが、「その土地に接する道路」と言えます。

土地に接する道路によって、建物は大きく影響を受けるのです。

だったら、土地探しの段階で、この「土地と道路の関係」をしっかり理解しておかないと、後で「しまった」と言うことになりかねません。

土地購入のポイント・注意点として、「道路」の問題を見てみます。

これを見て、失敗のない、後悔のない土地購入を!




 有限会社 トラストシップ :不動産コンサルティング技能登録者
不動産コンサルタント 佃 泰人 有限会社トラストシップ 横浜不動産相談センター主宰  不動産に関する悩みを解決するためのサイトです!
 まずは、ご相談下さい!選択肢より皆さんにお選びいただくようにしています。また、各専門家との連携により、問題解決を実行しています!
依頼者のための不動産コンサルティングを実践中!
これだけは言っておきたい!
土地購入で大事なのは、なんと言っても『道路』です!
その土地を利用しないのであれば、良いのでしょうが土地利用を考えるなら、建物を建てるなら、道路がなくては話になりません!
もちろん、通常の戸建購入であれば、すでに建物が建っているので心配は少なくなりますが、土地のみ!更地の購入には十分注意が必要です!

道路の形態や幅員、権利関係、しっかりと調査しましょう!





  土地購入!土地選びの注意点とポント:接道状況と道路の連続性

土地を利用するには、建物を建築する!と言うことは、土地を選んでいながら建築物のことを考えてなければならないと言うことになります。

建物は・・・・と言うと
そもそも、建物に関する法律である「建築基準法」において「土地に建物を建てる場合、その土地は幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない」となっており、道路は土地を使うため、建物を建築する上では必要不可欠のものといえます。

          道路の状況で土地の価値が変わる

その土地に接道する道路自体が、土地の価値に大きく影響を及ぼすのは、その土地の利用価値を決める重要な要素だからです。
接道とは、その土地に接する道路のことを言います。






    購入の注意点 道路の幅員

建物を建てるための最低条件!土地と道路の関係
幅員4m以上の道路に2m以上土地が接していること!

当たり前のことだと思うでしょうが、狭小地や奥まった敷地、不整形地等には実際に、道幅が無いものや、接道要件を満たさない敷地と言うのがあります。
水路があったり、他人の敷地が入り込んでいたりするケースは実際にあるのです。

では道路幅員4m以下の場合はどうしたら良いのでしょうか?

この場合、当該道路の中心線(あるいは定められた中心位置)から、2mの幅でセットバックします。
つまり自分の敷地を道路用地として提供することで道路を広げていこうと言うのもです!
道路の両側の家屋が建て代わる度にこれを繰り返すと、最終的には4mの道路が出来上がる!と言うことになります。

もう一つ!
土地購入のポイント!
道路の種類です!

これには、2通りの種類があります。
一つは、建築基準法(建物の建築等の規制をしている法律)で、どのように扱われているかということ!

この「道路」は通常一般的に見ている道路ではなく建築基準法上の道路として認定されているもので無ければなりません。
この建築基準法で認定されている道路に接していなければ、やはり建物は建築できません!この確認は、十分に注意すべきポイントです!






    購入の注意点 接する道路の種類

土地と接する道路の種類が建築基準法上の道路であり、公道?私道?
その権利関係は要チェック

道路の種類でもう一つは、その道路の権利関係!
つまり、公道か?私道か?と言うことです!
私道であれば、当然所有者が別途にいます。

この場合、水道管や下水道管などを道路に埋め込むのに、道路所有者の承諾が必要になってきます。
実は、これが意外にトラブルになったりします。
私道の所有者が承諾してくれない!なんてことが結構あるらしい・・・?
何度も見に行こう
土地を買う場合、買う前に私道であれば、掘削の承諾が取れているか?あるいは取れるか?確認しておきましょう!


その道路に埋設されているインフラの整備状況もポイント!

水道管や下水道管、ガス管等の埋設状況の確認も土地購入の大きなポイントです!

実際に建物を建築する際には、これらのインフラを利用するのが前提になってきます!
これらが前面道路に埋設されていれば、接続に関する費用は最低限で済みますが、前面道路にこれらが埋設されていない場合は、自己負担で用意する覚悟が必要です!
思わぬ出費になるケースもあるので、どういった費用が予想されるのか?十分な調査をしておきましょう!

道路はその連続性や幅員などにより、街並みを形成すると共に、街の雰囲気を作り出すものでもあります。
土地購入に際して、土地単体はもちろんのこと、その生命線である道路を十分に注目してください!




    土地選びのポイントと注意点!

 土地選びの生命線は道路
さて、土地に接する道路が大事だと言うことは分かりましたが、併せてチェックが必要なのは、主要な交通機関から、その土地に至るまでの道路の連続性も大事です。
駅等の主要交通機関からは何度も歩いてみましょう!





    何度も足を運び、色々な条件の下で確認してみて!

土地の立地条件を考えた場合、土地それ自体は動かすことができない絶対的なもので、同じものは二つと存在しないものです。
マイホームの購入相談
一方、その立地条件に合わせた用途、あるいはその用途向けの建物は、複合的なものであり可変的です。

その土地を含む周りの環境に適合しているか、また、各自の目的に合致しているかを判断することになります。

このように土地は平面的には絶対的で移動できませんが、立体的には可変的で複合的です。

この土地の性質によって、見る人ごとの「好み」や「夢」が変わってきます。しかも、それは朝と夜では違う顔であったり、晴れの日と雨の日でも違う顔で合ったりします。

マイホームを選ぶ際には、たまたま見に行った日がどのような状況であったかよりも、より多彩な条件を確認すべきであると言うことです。
もちろんこれらは、土地だけの問題でなく、マンションだろうが一戸建だろうが、中古でも新築でも、十分に確認する、現地を見ると言うことが重要です。

違う日に来てみたら全然印象が変わる事だってあるのです。

不動産を売買、仲介する不動産業者にしてみたら、条件のいいときに見に行くのが理想ですよね!
それだけ売買が成立する可能性が高くなるわけですから!


シェア  このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの方に広めてください! 
相続相談とお問合せはこちらから

  売買・賃貸の物件情報


 最新情報を配信中!


ご相談場所のご案内



大きな地図で見る
QRコード
横浜不動産相談センターの案内図を携帯電話で表示できます!
 迷わずお越し頂けます!

通信費・パケット代は本人負担になります


ご相談場所のご案内

横浜不動産相談センターの入っているビル
JR京浜東北・根岸線 横浜市営地下鉄
「関内」駅下車徒歩5分

みなとみらい線 
「日本大通り」駅下車徒歩5分
相続相談とお問合せはこちらから

ご相談場所のご案内

相談室はこちら

〒231-0012
横浜市中区相生町1−3
モアグランド関内ビル5階

横浜不動産相談センター
有限会社トラストシップ

お急ぎの方は…
TEL :045-650-2103
FAX :045-650-2104
E-MAIL:info@trustship.co.jp
(メールソフトが起動します) 
相続相談とお問合せはこちらから

相談を実施する専門家(一部)

不動産コンサルタント 佃 泰人 有限会社トラストシップ 横浜不動産相談センター主宰

不動産コンサルタント

横浜不動産相談センター主宰者

一級建築士 宮田 義弘  ワイエムデザイン建築士事務所

一級建築士

ワイエム・デザイン建築士事務所


相談事例を紹介中!
  不動産の相談事例を公開中!!
  ■住宅ローン相談
■任意売却
■賃貸借の相談
■相続対策や相続相談
■不動産取引の問題

身近なトラブル、心配や問題で悩んでいるのは、あなただけではありません。

Google
 
  
    WWW を検索
    横浜不動産相談センター内検索






一度ご相談にお越しいただければ分かります。 
  是非、あなた自身で感じてください。


初回面談による相談は無料です!ご利用下さい!


お問合せはこちらから


不動産の問題は一人で悩まず、まずは相談!! 横浜不動産相談センター  ご相談はフリーダイアル 0120−375−530  24時間受付中!ご相談専用電話 時間外はテープによる録音です。  神奈川県横浜市中区相生町1−3 モアグランド関内ビル5階 横浜不動産相談センターまでの交通は・・・  JR京浜東北線「関内」駅下車 南口より  横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅下車 1番出口より みなとみらい線「日本大通り」駅下車1番出口より いずれも各駅より徒歩5分です!




横浜不動産相談センター運営会社:有限会社トラストシップ
TEL:045-650-2103
FAX:045-650-2104





HOME

資産・地主
コンサルティング
不動産
売却相談
不動産
購入相談
住宅ローン
ライフプラン相談
設計・家づくり
建物調査・修繕
リフォーム相談
プラン・施工
相続相談
分割・遺言
 Copyright(c) 2009 TRUST SHIP. All rights reserved