神奈川県横浜市、川崎市、東京都で不動産・借地権や底地、賃貸アパートや賃貸マンションの賃貸管理や賃貸経営相談、賃貸借トラブルの不動産コンサルティングを実施中!初回無料の不動産コンサルティングを実施中です!

横浜不動産相談センターの資産・地主コンサルティングでは、地主さんに向けた不動産相続と相続対策、土地活用、賃貸トラブルや借地権や底地の相談など、神奈川県内・横浜市・川崎市・東京都内等での不動産資産家や地主さん土地に関するコンサルティングを行っております。借地や底地の権利関係の調整や整理、相続・遺産対策相談や不動産売買などに関する初回無料相談と問題解決型コンサルティングを行っております!フリーダイアルにて面談のご予約をして下さい!弁護士をはじめとする各士業との連携による総合的な対応が可能です。ワンストップコンサルティングサービスを行っております。お悩みやトラブル等の法律的な対応が必要な場合も安心です。 お試し下さい!
横浜不動産相談センターの土地活用・賃貸管理・借地相談の資産・不動産コンサルティング


HOME

資産・地主
コンサルティング
不動産
売却相談
不動産
購入相談
住宅ローン
ライフプラン相談
設計・家づくり
建物調査・修繕
リフォーム相談
プラン・施工
相続相談
分割・遺言
 
カウンター

 ◆ お約束 ◆
 当方から強引な売り込みや営業等をすることはありません。
 安心してご相談下さい。
 
◆相談料について◆

初回面談による不動産相談は無料です!
2回目以降の相談は1回5,000円です!ご利用下さい!
 お問合せはこちら

  地主さん!資産を守るポイント

地主固有の悩み!相談できます!
地主に必要なく専門家とは?

地主さんの相続の注意点

相続が始まると・・・
事前の対応がカギ!相続対策
相続対策!相続税納税財源の確保
相続対策!遺産分割の準備
相続対策!財産評価の引下げろ!
相続後の対応:物納と延納を検討
相続を乗り切る!生命保険の活用

土地有効活用と事業手法

土地活用相談と活用事例
土地活用のポイント!
土地活用/アパート/マンション
一戸建て貸家賃貸による土地活用
土地活用/時間貸コイン式駐車場
工場/倉庫による活用法
土地活用の手法:自己建設方式
事業受託方式の活用手法
建設協力金方式の活用手法
等価交換方式の活用手法
土地信託方式の活用手法
定期借地・事業借地権方式

貸宅地・底地と借地権

借地権/底地のここが問題!
借地契約の更新!どうする? 
借地権の各種承諾料
借地権の相続
借地と底地の整理法

 賃貸管理と滞納と空室対策

賃貸管理業務について
賃貸管理:賃貸問題の対応
賃料の滞納、督促と徴収
取壊し時の立退き
賃貸管理 : 空室対策

 不整形地等の活用や売却

  不整形地や活用困難な土地

シェア

有料出張相談を始めました!

 横浜不動産相談センターでは、神奈川県横浜市を中心に、川崎市、鎌倉市、藤沢市、横須賀市、平塚市や茅ヶ崎市、相模原市、厚木市、座間市等の神奈川県全域と東京都内等にお住まいの皆様に対し、有料出張相談を開始しました。

 


料金は1回10,000円です。相談時間は2時間を予定しています。(移動時間は含みません。)

 お問合せはこちら

業務についてのご案内 
相談サービスについて
不動産の問題を相談したい
不動産売却を相談したい
不動産購入について相談したい

専門的な相談について

土地活用について相談したい
賃貸/借地問題について相談
相続のトラブル前に相談したい
各種リフォームについて相談
建物の設計・間取プランで相談
料金について
相談やその他の料金について
相談センターのご案内
不動産コンサルタントの紹介
コンサルティングポリシー
運営会社概要  
横浜不動産相談センター
運営会社までの案内図
リンク集
個人情報取扱について
お問合せはこちらから
ご相談予約はこちらから 

神奈川県・横浜市・川崎市の賃貸アパート・賃貸マンション、事業用賃貸などの契約解除や立退き交渉等の大家さん・家主さんのための・・・賃貸管理問題は是非ご相談下さい!


賃貸アパート、マンションの賃貸管理経営業務とその留意点

賃貸管理業務を行っていると、賃貸借契約に係る契約の解除、悪質賃借人の立ち退きや等の場面に出くわすことがあります。
賃貸マンション・アパートの管理業務
賃貸管理という分野がある程度確立されてきているが、賃貸の管理という業務範囲から逸脱してしまうのが、賃借人の立ち退きです!

賃借人の立ち退きを業務として行っている方はあまりいないと思いますが、大家さんから見れば、退去して欲しいと願う場面があるのも現実です!

どのような場面で、どのような方法で退去するように話をするのか?いずれにせよ、大家さんや家主さんにとって、直接このような話を賃借人とするのはこじれる原因です。

大きなトラブルになる前に・・・・管理会社を上手に使いましょう!
いざ、トラブルが起きた時の対応には大きな違いがでています。




 有限会社 トラストシップ :不動産コンサルティング技能登録者
不動産コンサルタント 佃 泰人 有限会社トラストシップ 横浜不動産相談センター主宰  不動産に関する悩みを解決するためのサイトです!
 まずは、ご相談下さい!選択肢より皆さんにお選びいただくようにしています。また、各専門家との連携により、問題解決を実行しています!
依頼者のための不動産コンサルティングを実践中!

これだけは言っておきたい!
退去、立ち退きと言っても賃貸借契約がある以上、契約解除が最初の一歩になります。
この解除をどのように行うか?
賃貸人側からの解除か?債務不履行による解除か?

考えて欲しいのは、賃借人という相手のあることです!
法律的に後ろ指さされることなく・・・

弁護士の業務範囲である場合も多々あります。共同して対抗することで、より効果的に結果を出せる場合もあります。

いずれにせよ、契約を解除して退去・立ち退き、明け渡しと言うのは大変難しいものです。
 




  アパート・マンション等の賃貸不動産の立退きの問題!

老朽化した古アパートやマンション大家さんや家主さんにとって整理、不良資産を収益物件に変えるため、売却のためなどの理由により立退き交渉をする場合が多々あります。

立退き交渉は貸していた側も借りていた側もそれぞれに事情があるのが普通です。
賃貸不動産からの立ち退き
これを乗り越えて、アパート・マンションを処分・活用するまでの道のりは大変、険しいものがあります。

やった人でなければわからないでしょう!

賃貸しているアパートやマンション物件の老朽化や建替え、売却目的等々により、賃貸建物に入居している入居者(賃借人)に立退きをお願いしなくてはいけない場合が出てきます。

その時、そのアパート・マンションの所有者である大家さんが、自身の都合や物件の現状を説明して、入居者に退去してもらうよう話をする場合に、立ち退いてくれないケースには、どうしても問題が発生してきます。



  アパート・マンション物件の賃料未払い・滞納による立ち退き

最近では、借りているアパート・マンションの賃料の未払いや滞納による立退き、契約の解除が増加しています。

これは、主に連帯保証人を保証会社で行っていることで、数ヶ月の滞納で契約を解除され、強制的に立ち退かせているようなケースが多々あるようです。
滞納や賃料未払いによる立ち退き
もちろん、アパート・マンションを借りている以上、賃料を支払うのは当たり前だし、賃借人としての義務ですから、滞納したり、未払いが契約を解除されてもしょうがないのでしょう。

そういう意味では、昔は、アパート・マンションの大家さんとコミュニケーションが取れていたため、数か月分であれば、待ってくれたり、追い出すところまで行かなかったのが現実です。

なかなか、シビアな時代になってきています。

問題なのは、滞納賃料の督促方法だったり、突然の賃借室への玄関のカギ交換だったりと対応が乱暴になってきているように感じます。

ちなみにこれらの回収方法による督促には注意が必要ですし、カギの交換自体は違法性すらあります。

アパート・マンションの大家さんに泣き寝入りしろと言うのではありません!
やり方にご注意下さい!管理の質は、人格を問われます!




  アパート・マンションの大家さん・貸主都合による立退き

アパート・マンションの大家さんや貸主の自己都合による立退き交渉と言うものもあります。
あまりに急な要望や、時期的に余裕がないものは非常に厳しい場面を迎えることがあります。

もっとも借りている賃借人や入居者も、アパート・マンションは生活の本拠です!「いついつまでに立ち退いてくれ」と言われても困るのが現実です。

突然言われたら・・・誰だってそうでしょう!

立ち退きしてもらいたいアパート・マンションの大家さんにも事情はあるでしょうが、借りている賃借人の側にも事情はあるのです。

互いの事情を考慮し、冷静に次のステップを踏まないと、感情面のもつれから非常に複雑なケースに発展することが良くあります。

こうなってしまうと、本当にまとまらないし、両者ともに困ってしまうのも事実です。このような事態になったらどのように調整すべきでしょうか?

貸しているアパート・マンション大家さんからすれば、賃貸借契約期限が来れば明け渡してもらえると思っていませんか?

ベテランの大家さんには、そんな認識は無いかもしれませんが・・・

立ち退き交渉

今後は、不動産収益のみを目的としたサラリーマン大家さんが増えてくると、ますます、立退き問題はドライになってくるでしょう。これは土地活用の一環でアパートやマンション等の賃貸物件を建築し、運営してきた大家さんとは明らかに代わってくるものと考えています。

どちらが良いのかわかりません.
ただ、今後の対応がますます大変になるのだけは間違いないでしょう!

当たり前のことですが立退きをお願いするようなケースでは、通常、立退きの話をし始めるときは、「その不動産で次に何をするか」をある程度決めている場合がほとんどでしょう?

この活用法を見透かされたりして居座る場合も有り得ます。
立ち退き交渉の難しさ
何を、どのように交渉してアパート・マンションの賃貸借契約解除及び立退きを決めていくか、公式などはなく、担当するコンサルタントや業者次第です。

しっかりと方向性や交渉の仕方を提示できるコンサルタントに依頼するようにしましょう!
また、交渉開始から数ヶ月たっても見込みが立たない場合は、立退き交渉はまず成立しません。時間との勝負でもあるのです!

ご心配のアパート・マンションの大家さん!貸主さんはご相談下さい!


シェア  このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの方に広めてください! 
相続相談とお問合せはこちらから

  売買・賃貸の物件情報


 最新情報を配信中!


ご相談場所のご案内



大きな地図で見る
QRコード
横浜不動産相談センターの案内図を携帯電話で表示できます!
 迷わずお越し頂けます!

通信費・パケット代は本人負担になります


ご相談場所のご案内

横浜不動産相談センターの入っているビル
JR京浜東北・根岸線 横浜市営地下鉄
「関内」駅下車徒歩5分

みなとみらい線 
「日本大通り」駅下車徒歩5分
相続相談とお問合せはこちらから

ご相談場所のご案内

相談室はこちら

〒231-0012
横浜市中区相生町1−3
モアグランド関内ビル5階

横浜不動産相談センター
有限会社トラストシップ

お急ぎの方は…
TEL :045-650-2103
FAX :045-650-2104
E-MAIL:info@trustship.co.jp
(メールソフトが起動します) 
相続相談とお問合せはこちらから

相談を実施する専門家(一部)

不動産コンサルタント 佃 泰人 有限会社トラストシップ 横浜不動産相談センター主宰

不動産コンサルタント

横浜不動産相談センター主宰者

一級建築士 宮田 義弘  ワイエムデザイン建築士事務所

一級建築士

ワイエム・デザイン建築士事務所


相談事例を紹介中!
  不動産の相談事例を公開中!!
  ■住宅ローン相談
■任意売却
■賃貸借の相談
■相続対策や相続相談
■不動産取引の問題

身近なトラブル、心配や問題で悩んでいるのは、あなただけではありません。

Google
 
  
    WWW を検索
    横浜不動産相談センター内検索



 




一度ご相談にお越しいただければ分かります。 
  是非、あなた自身で感じてください。


初回面談による相談は無料です!ご利用下さい!


お問合せはこちらから

不動産の問題は一人で悩まず、まずは相談!! 横浜不動産相談センター  ご相談はフリーダイアル 0120−375−530  24時間受付中!ご相談専用電話 時間外はテープによる録音です。  神奈川県横浜市中区相生町1−3 モアグランド関内ビル5階 横浜不動産相談センターまでの交通は・・・  JR京浜東北線「関内」駅下車 南口より  横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅下車 1番出口より みなとみらい線「日本大通り」駅下車1番出口より いずれも各駅より徒歩5分です!




  


運営会社:有限会社 トラストシップ
TEL 045-650-2103
FAX 045-650-2104




HOME

資産・地主
コンサルティング
不動産
売却相談
不動産
購入相談
住宅ローン
ライフプラン相談
設計・家づくり
建物調査・修繕
リフォーム相談
プラン・施工
相続相談
分割・遺言
 Copyright(c) 2009 TRUST SHIP. All rights reserved